Every Human Being

ダイエットで陥りがちな問題点の停滞期を乗り切るには

ダイエットの敵の停滞期

ダイエットをはじめて最初のうちは順調に体重が落ちていったのに、途中で落ちなくなってしまう、それどころか体重が増えるといった停滞期に悩まされる方が多いようです。この停滞期に耐えられず、やめてしまう人が多いようなのですが、これは人間の体の仕組み上、どうしても避けては通れない道なのです。停滞期を脱するため、さらに食事の量を減らす方がいますがこれは絶対にだめです。この方法ではどんどん食事の量をへらすことになり大変です。

一旦体重が落ち着くのは仕方ない

停滞期だからと言って食事の量を減らすのはNGです。エクササイズによって筋肉がつけば、代謝が上がって痩せるはずです。つまり正しいダイエット中に起こり得る停滞期というのは、筋肉がついている時期なのです。筋肉とは脂肪よりも比重が重いので、筋肉がつく過程で一旦体重が増えることがあります。ただ、筋肉がつけば脂肪燃焼もしやすくなるので、その後は体重が落ちるはずなのです。更なる食事制限がダメなら、運動をハードにするという手もありますが、あまりにハードな運動をして身体を壊しては元も子もありません。筋肉がしっかりつけば痩せますので、辛抱強くエクササイズを続けることです。

週に1度は解禁日をもうけるべし

ダイエットの挫折理由の一つが「食べたい」という欲求です。我慢我慢を重ねているとその反動でドカ食いしてリバウンドしてしまうかもしれません。それでは今までの努力が水の泡です。そうならないように週に1回解禁日をもうけることをおすすめします。この日だけは好きなものを食べていいという日をもうけるのです。もちろん好きなだけお腹一杯食べるのではなく、ケーキ1つとか量は決めるべきですが、好きなものを食べられるだけでもダイエット中のイライラが解消しますし、これからもダイエット頑張るぞというモチベーションにもつながるはずです。

フェアリーレシピとは、バストアップサプリメントです。女性ホルモンに似た作用を持つ植物性エストロゲン・イソフラボンを大豆の40倍含むプエラリアを発酵させ、さらに吸収率を高くしたもの使用しています。