Every Human Being

血液クレンジングで体を健康的にしていこう

血液クレンジングとは

血液クレンジングは、オゾン療法ともいいます。この仕組みは簡単に説明しますと、ヨーロッパで主に行われていて、100から200cc程の血液を自分の体から採血し、その血液とオゾンガスを混ぜて、その血液を再び体に戻すという方法です。これを何回か繰り返すうちに、ウイルスの増殖を抑えたり、体の免疫力向上などの効果が期待できます。日本では、まだ広く認知はされてないかもしれませんが、今注目の治療法になりつつあります。

血液クレンジングの作用とは

血液クレンジングの効果としては、ひとつに体内の酵素化があります。血液の流れの改善により循環の改善や、免疫力の向上、様々な細胞の活性化、アンチエイジング効果などが上げられます。オゾンガスを体内に取り入れることによって、血流など様々な体の流れが良くなり健康面に大きな効果を産み出します。体の免疫力がアップすると、病気にかかりにくい強い体を作ることができます。腰痛、手足のしびれ、ひどい肩こり、なども改善されますので、試してみては、いかがでしょうか。

血流クレンジングで劇的に変化

血液クレンジング治療法で、特に効果が見られているのは、慢性的な肩こりや様々な体のコリに効くと、いうことです。継続して、この治療を続けていくことによって、改善を実感できることでしょう。鎮痛、消炎作用も認められており、注目の治療です。日本でも戦前から歯医者などで、オゾン療法は行われていましたが、戦後にオゾンは有害物質とう風評が流れてからは、途絶えてしまっています。ヨーロッパで主流なこの治療法を再び日本でも、たくさんの方に体験して頂きたいです。

血液クレンジングのやり方は、体内から血液を200CC採り、専用のボトルに入れオゾンガスを混合し体内に戻す事をします。