Every Human Being

クリニックに行く前にベビーコラーゲンのことを知っておこう!

ベビーコラーゲンの使い方

肌からコラーゲンが失われていくことでできるのがしわです。しわにもいくつかタイプがあるのは鏡を見ていれば誰もが気付きますよね。浅くて短いものの数が多い小じわも嫌ですが、ほうれい線のようにくっきりとして深いタイプのしわもおばさん臭く見せてしまう嫌な存在です。ベビーコラーゲンはどちらのしわにもよく効きますし、肌質そのものを変えることができますから、若者や赤ちゃんのようなふっくらした顔に戻ることも出来てしまうです!

ヒアルロン酸との違い

ヒアルロン酸は無色透明ですが、ベビーコラーゲンの方は乳白色です。この色がついているかどうかの違いもアンチエイジング治療に影響を与えることがあります。特にくまの治療の場合にヒアルロン酸を使うと、無色透明ゆえに逆に青みがかって目立ってしまうこともあります。けれど、乳白色のベビーコラーゲンならその心配がありません。また、ベビーコラーゲンの方は薄い皮膚にも使えますから、首などの年齢が出やすいところにも注射してもいいんです。

値段や効果の持続期間について

まず持続期間ですが、大体半年から一年間だと判断すればいいでしょう。見た目を維持するなら定期的にベビーコラーゲンを注射する必要がありますね。注射は健康なヒト由来の胎盤を使っている事情から一本16万円とやや高めではあります。でも、気になるところだけ売ってもらうようにしたり、注射に使うベビーコラーゲンの量を少なくしてもらうことで一本1万円の安いコースにしてもらうことも可能です。注射の量がすくなくても効果自体が大きいので、こういった方法が使えるんですよ。

フォトフェイシャルは非常に人気の高いニキビ治療方法で、光を照射するだけなので気軽に受けることが出来ます。